西日本プラント工業株式会社

プラント設計 火力発電 風力発電 原子力発電 地熱発電

西日本プラント工業株式会社
  • englishページ
  • プレスリリース
  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 個人情報の取扱い
一般事業主行動計画
次世代育成支援
方針
 当社は、社員が仕事と子育ての両立を図るため、働きやすい環境(育児休業関連制度等)を整備し、子育てをしない社員を含めた多様な労働条件の整備に取り組みます。
1. 計画期間 平成27年4月1日〜平成32年3月31日 (5年間)
2. 目標及び対策
(1) 育児をする社員等の職業生活と家庭生活の両立支援策の整備
ー腓飽藥をしている社員を対象とする取組み
【目標】
育児介護休業関連制度の充実を図る
< 対策 >
1 介護休職回数の緩和
現行:原則1回→制限なし。但し、1回の休職期間は2ヶ月以上(H27.4.1改定)
2 介護時短勤務の拡大
現行:介護休職を含め2年→介護休職を含め3年
(H27.4.1改定)
3. 男性における育児休業取得の促進
(2) 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
^藥をしていない社員も含めて対象とする取組み
【目標】
時間外労働の削減及び年次有給休暇の取得向上
< 対策 >
1. 時間外労働の削減
 (目標:年間平均時間外を一人当たり200h以下)
(1) 労使による時間外専門委員会の開催
(2) 労使による「時短専門委員会」活動の推進
(3) 休日振替の推進
(4) 業務効率化・改善活動による時間外労働の削減
(5) 業務の平準化
(6) ノー残業デーの推進
2. 年次有給休暇の取得向上
 (目標:年間一人当たり15日以上)
(1) 連続休暇(5日以上)の取得推進
(2) 毎月の計画休暇取得推進
(3) アニバーサリー休暇の取得推進
(4) 飛び石連休時の取得推進
  
女性活躍推進
 当社は、女性活躍推進について現状を分析し、取組みが必要な課題を明確にしたうえで、
10年後の在り方を見据えた行動計画を以下のとおり策定いたしました。
 今後は、女性一人ひとりが個性を活かして能力が発揮できる、働き易い職場作りに向けて
取組みを進めて参ります。
1. 計画期間 平成28年4月1日 〜 平成32年3月31日
2. 当社の課題 ο労働者に占める女性の割合が少ない。(H27年度4.1%)
ο管理職に占める女性の割合が少ない。(H27年度0.6%)
ο理系女子学生の応募が少なく採用に至らないことや、
結婚出産を期に退職を考える傾向がある。   
3. 目  標
【女性社員の採用による割合向上と定着化】
ο計画期間の4年間は10名程度の採用を目標とし、
10年後に女性労働者の割合5%以上を目指します。
ο女性社員が働き易い職場環境の整備や両立支援に関する
制度を見直し、整備します。

【女性管理職の増加】
ο女性管理職増加を目指した教育研修を新たに企画し、
実施します。
  
4. 取組み内容
《平成28年度》
ο女性社員の活躍する姿やライフスタイルの公表【採用】
ο職場環境の現状把握と改善箇所選定【定着】
ο女性社員交流会の新設(運用方法等の検討)【定着】

《平成29年度以降》
ο女性の採用に向けた積極的なPR活動の推進【採用】
ο職場環境の段階的な整備と、定期的な衛生管理
チェック体制の構築【定着】
ο女性を部下にもつ管理職の意識改革研修の
検討・実施【定着】
ο女性交流会の実施(意識調査を踏まえた課題検討)【定着】
ο女性社員限定の各種研修の検討・実施【管理職の増加】
  
女性活躍推進に関する現状の情報公開
女性活躍推進に関する現状の情報公開
このページのTOPに戻る