Recruiting Site 2018

Menu
そこは快適な環境ではないかもしれない。音、匂い、空気、そのすべてが独特で、ときには緊迫感に満ちた瞬間も訪れる。けれど、今日も、現場に立つ。発電所をはじめとした様々なプラントをつくり、まもるという責務を、自分たちの技術と経験、そして身体を使って、仲間と共にやり遂げる。それこそが、技術者にとってなによりの喜びであり、誇りであるのだから。わたしたち西日本プラント工業は、一人ひとりが現場にすべてを懸けて、生きています。
現場に、生きる。そこは快適な環境ではないかもしれない。音、匂い、空気、そのすべてが独特で、ときには緊迫感に満ちた瞬間も訪れる。けれど、今日も、現場に立つ。発電所をはじめとした様々なプラントをつくり、まもるという責務を、自分たちの技術と経験、そして身体を使って、仲間と共にやり遂げる。それこそが、技術者にとってなによりの喜びであり、誇りであるのだから。わたしたち西日本プラント工業は、一人ひとりが現場にすべてを懸けて、生きています。

現場に、生きる。

そこは快適な環境ではないかもしれない。
音、匂い、空気、そのすべてが独特で、
ときには緊迫感に満ちた瞬間も訪れる。
けれど、今日も、現場に立つ。
発電所をはじめとした様々なプラントをつくり、
まもるという責務を、
自分たちの技術と経験、そして身体を使って、
仲間と共にやり遂げる。
それこそが、技術者にとってなによりの喜びであり、
誇りであるのだから。
わたしたち西日本プラント工業は、
一人ひとりが現場にすべてを懸けて、生きています。

Mission 九州電力グループとして
確かな技術と揺るぎない責任感で、
発電プラントをつくり、まもる。

西プラがつくり、まもっている
多分野にわたるプラント

発電設備 POWER PLANT 火力発電設備 原子力発電設備 地熱発電設備 LNG設備 風力・太陽光発電設備等 産業用設備 INDUSTRIAL PLANT 化学・石油プラント 製紙プラント 製鉄プラント 環境プラント 食品・医薬品プラント

技術は一人ひとりの
中にある。
だからこそ
「人が財産」と考える。

「高度な技術」や「豊かな経験」といった西プラの武器。
それは企業の持ちものというだけではなく、
技術者一人ひとりが持っているもの。
そのことを、わたしたちはよく知っています。
だからこそ「企業の財産は人」と考え、
すべての社員が安心して働ける制度や
技術者として成長できる研修所など、
労働環境を整えることを大切にしています。
社員あってこその西プラ。
若手もベテランも、
全員が欠かせない財産です。

Person 技術を磨く。経験を積み重ねる。
成長をつづける技術者たち。

古賀 健太郎 Kentaro Koga 昭和59年入社 52歳 職種:溶接

最初からできる人はいない。
日々の努力が未来につながる。

現在は、九州をはじめ全国の現場に社員を派遣するのが主な仕事ですが、20歳から40代半ばまでは、溶接士として発電所やプラントで働いていました。私の主な仕事は配管と結合部となるフランジの溶接で、日々高い技術と結果が求められます。個人の技術力がモノをいう仕事だけに、自分が納得できる溶接ができたことはもちろん、周りからの評価が一番のやりがいにつながりましたね。溶接に限らず、私たちの技術は1~2年で身につくものではありません。5~6年現場に立ち続け、日々の業務に励むことで、やっと一人前になれる仕事です。

人として、技術屋として、
大きく成長できる貴重な場所。

どんなプラントの建設も補修も、溶接士だけでやるものではありません。他の部署の作業を円滑に進行させるためにも納期にはシビアです。私も30代のころ、タイトなスケジュールのなか、業務をこなしたことがありますが、今でもその現場は私にとって思い出深いものになっています。深夜まで作業する日々が続き大変でしたが、鍛えられた部分は本当に多かった。技術の向上だけじゃなく、人間的にも強くなり、成長できる。それが、私たちが働く現場ならではの魅力ではないでしょうか。

わかるまで、
できるまで、
とことん付き合う
職人気質。

入社して30年を過ぎましたが、たくさんの新入社員を見てきました。やはり現場で活躍できるようになるのは、わからないことやできないことをそのままにしない人だと思います。わからなければ、何度でも先輩に聞けばいい。できなければ、練習を繰り返せばいい。度々聞くと怒られるんじゃないか、と心配する方もいるでしょうが、理解しないまま作業をするのが最も良くないこと。もちろん「この前も教えたやろ!」と言われることもあるかもしれませんが(笑)。ただ、聞かれれば我々はしっかり教えますし、できるようになるまで付き合います。成長への近道は、そういった積極的な姿勢でいることですからね。

Message

これから入社する人へ

働く前から「適正があるか、ないか」なんて分かりません。まずは、やってみようという気持ちと、元気があれば大丈夫!現場は暑かったり、ホコリが多かったりと、きついと感じることも多いかもしれませんが、一日の仕事を終えた後の達成感、充足感は何ものにも代えがたいものです。溶接士は職人気質なので、現場では厳しいことを言われることもあるかと思います。ただ、仕事が終われば、年は違えどみんな仲間ですよ。

技術者たちを
もっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
武末 幸二 Kouji Takematsu 昭和60年入社 49歳 職種:電気

仕事とは学ぶことの連続。
だからこそ楽しいと思う。

入社してすぐに大分県の火力発電所に配属され、1年後に工事設計を学ぶ機会を与えてもらいました。設計を学びたいという希望を会社が叶えてくれたんです。その後、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル発電を勉強するためにメーカーさんに出向し、現場の工事設計に携わりました。出向から戻ってからは、保修の現場に入りました。そんな現場で働いてきた約30年間、本当にいろんなことを学ばせてもらいましたね。辛いと思ったことはほとんどないし、最新鋭の制御装置を扱ったり、学ぶことの多い現場は、毎日が「楽しい!」の連続でした。

いつも疑問を持ち続け、
解決することで成長する。

現場にいたときは、朝から晩まで電気制御について考えていましたね。「なぜ?」という疑問を常に持ち続け、回路の意味を知る。私は性格上、理屈を学び、理解することが好きだったので、結果的に天職でしたが、30年以上この仕事をしてきて思うのは、やり方だけを覚えるのではなくて、「なぜ、この作業を行うのか?」という点を深掘りできる人が向いていると思います。自分の経験と知識を駆使しても、どうしてもわからないとき、解決するまでひたすら考えて、問題をクリアにする。それこそが、この仕事の楽しさであり、やりがいだと思うんです。

仕事に限らず、
取り組む前の準備が大切。

現在は福岡市内の本社勤務で、若手社員を指導したり、取りまとめるのが私の業務。自宅が大分市にあるので、ほぼ毎週末に帰り、趣味のイカ釣りや料理を楽しんでいます。元々、ものを作ることが好きなので、料理は性に合っているんでしょうね。ちなみに、料理は仕事に通じる部分がたくさんあります。「段取り八分」とよく言われるように、準備をしっかり行っておけば、その後の作業もスムーズです。見た目にも美しいものができあがれば、達成感もひとしお。これは仕事でも一緒ですね。

Message

これから入社する人へ

西プラは個人の考えや意思を尊重してくれるし、いろいろなことにチャレンジさせてくれる会社です。私自身、入社3年目とまだ経験も実績も少ない時期に、メーカーさんに出向させてもらったことが転機となりました。きっと、誰にも一度はそんなターニングポイントがやってきます。そのときにぼんやりとでもいいので、自分が目指す将来像をイメージできるか、できないか。これは本当に大きな違いになると思います。

技術者たちをもっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 平成25年入社 22歳 職種:機械

環境と心持ち次第で、
人は大きく変われる。

入社後すぐに北九州市の事業所に配属になり、ボイラ設備の保修・整備から始めました。現在の業務は発電所やプラントの保守管理がメインです。元々人見知りで、声も小さいと注意されていたのですが、現場で働くうちに、自然とコミュニケーションをとれるようになりました。とくに僕が配属された部署は、協力会社の方々と一緒に仕事をする場面が多い現場。いろいろな人と一緒に仕事をしていくシーンが多いこともあり、コミュニケーションをとることの大切さを学びましたね。仕事を通じて「人は環境で変われるんだな」と実感しています。

技を磨くことが
現場での揺るぎない自信に。

以前、僕は技能五輪出場のために現場を離れ、福岡県みやま市にある研修所で日々技術を磨いていました。会社から技能五輪出場者募集の話があり、すぐに応募しました。ものづくりが好きで選んだ仕事だけに、こういった機会を与えてもらえるのもうれしいですね。技能五輪は、その結果だけが大切なのではなく、得られた技術と知識を現場で活かすことこそが大切だと思います。その先に、誰からも頼られる自分がいるはず。厳しいことを言われることもありますが、成長していく上で先輩方からのアドバイスが大切だと、さまざまな経験を通し、感じられるようになったのも僕の成長です。

目標に向かい
続けるためにも、
ONとOFFの
メリハリは大切。

西プラには充実した研修所があったり、技能五輪などチャレンジする機会もあります。今後取得すべき資格といった具体的な目標も明確です。でも、常に仕事モードになっていても、きっと身体がもちません。この仕事に就いて実感していますが、プライベートの時間というのは本当に大切。僕は休日にイカ釣りに行ったり、仕事終わりに会社の人たちとごはんに行ったりしています。最近は先輩の勧めでゴルフも始めました。まだまだヘタクソですが、元々体を動かすのが好きなので、良いリフレッシュになっていますね。冬は広島までスノーボードに行くのも楽しみのひとつです。

Message

これから入社する人へ

自分の経験から感じたことですが、どんな現場でもコミュニケーション能力が不可欠です。自分から話しかけたり、質問したほうが、絶対に先輩たちと良い関係を築けます。また、メモをとる習慣をつけておくなど、学ぶ姿勢を持ち続けることも大切。わからないことは、まず自分で考えること。自分で調べて納得したことは忘れることなく、知識になります。いきなり先輩に頼るのではなく、まずは自分で考えてやってみましょう!

技術者たちをもっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
下原 雅貴 Masataka Shimohara 平成24年入社 23歳 職種:機械

日々違う仕事に関わることで
新しい楽しみを見つけられる。

暮らしのなかで当たり前のように使っている電気に関わる仕事がしたいと思い、西プラを志望しました。毎日同じ作業を続けるライン工程は性に合っていないと感じたこともあり、日々違う業務が待っているという点に惹かれたのも理由のひとつです。今はタービンの保修・整備が主な仕事ですが、ポンプを分解点検し、組み立てる作業などに従事することもあります。昔から機械いじりが好きなので、こういう仕事も楽しい。経験すること、学ぶことが日々違うので、平成24年に入社してから今でも、新鮮な気持ちで仕事ができているのが、僕にとっての西プラのいいところです。

自分で考え、
アウトプット。
現場仕込みの
応用力がモノをいう。

毎回異なる作業を行うだけに、現場では応用力が必要だと感じています。作業中、常にメモをとり、仕事が終わったあと、メモを見ながらその日のことを振り返る。そうすることで、扱う機器や場面が違っても、以前の経験を応用できることが多々あるんです。例えば、作業中に先輩から言われたことを、ただこなすだけじゃなく、僕は自分の意見を伝えるように心がけています。これまでの経験から、意見や考えを持っているのといないのとでは、同じ仕事に取り組んだとしても、身に付く経験値や技術力がまったく違ってくると思うんです。

新たな出会いと発見が
成長の糧になる。

西プラの技術職は出張が多いだけに、新しい発見に出会うチャンスに恵まれていると感じています。はじめてお会いする人たちから学べることは、本当に多いです。勤務地ではなく、仕事内容や人との出会いに魅力を感じられるなら、きっとここでの仕事は楽しいはず。若手の技術力向上を目的とした技能五輪という大会があるのですが、そういったいろんなチャレンジをさせてもらえる会社です。向上心や探究心が高い人こそ、ぜひ一緒に仕事ができたらいいですね。

Message

これから入社する人へ

入社してから技量を伸ばせる会社なので、この仕事への興味とやる気さえあれば、知識や技術がなくとも問題なし!現場で活躍してきた先輩ばかりなので、どんなことでも教えてもらえます。野球、サッカー、バレーボール、バドミントンなどクラブ活動もあるので、仕事以外の楽しみもいっぱいです。

技術者たちをもっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 平成24年入社 23歳 職種:電気

意欲を持ち続けられる環境で
明確な目標を胸に日々前進。

中学生のとき、西プラの社員が隣に引っ越してきたんです。その方に仕事内容を聞いて以来、ずっと西プラで働くことが夢でした。学生時代から電気のことを学ぶのが楽しかったこともありますね。高校3年のとき、ものづくりコンテストの電気工事部門で佐賀県1位になり、九州大会に出場しました。九州大会では小さなミスをして残念な結果に終わってしまいましたが、そのとき将来への目標は明確になりましたね。以前、西プラで技能五輪出場のために訓練させていただけたのは本当に光栄なことでした。その時の技能五輪は世界大会出場者の審査も兼ねていたので、全力で頑張りました。

周りの先輩にも
恵まれ、
前向きに仕事に
取り組めた。

入社してからずっと川内原子力発電所が勤務地でした。僕らの仕事は誰でもできることではない技術職。日々新しい知識を身につけることができ、充実していますね。受け身にならずに、常に「やらせてください!」という姿勢で仕事をするように心がけていたのも大きかったと思います。入社3年目に作業責任者を初めて務めさせていただいたときは、プレッシャーに押しつぶされそうでしたが、周りの人たちに助けられ、無事業務を完了させることができました。仕事においても私生活においても尊敬できる先輩ばかりで、本当に良い環境で働けていると実感しています。

会社に入って
見つけた
新たな夢を
追い求める。

今までの現場はメンテナンスが主な業務でしたが、技能五輪の訓練を通し、物づくりの楽しさを再認識しました。今後は発電所をつくる建設の現場も経験したいと思っています。もちろん、今までの経験や知識では通用しない場面もあると思いますが、西プラで働き始めて、自分で考えて、理解できれば、より良い仕事ができることを学びました。メンテナンスはもちろん、建設もできる幅広い技術を持った職人になるのが今後の目標。高校時代から1年に1つは必ず資格を取得することを課題としてきましたが、今後もそれは継続していきたいですね。

Message

これから入社する人へ

危険も伴う現場なので、厳しい指導を受けるときはもちろんあります。でも、できたことはしっかり評価してくれる会社ですし、先輩たちも丁寧に教えてくれます。チームで仕事に取り組むからか、人間関係もいいと思いますね。新入社員の時、マイカーを持っていませんでしたが、先輩たちがよく車で遊びに連れて行ってくれました。今では自分も愛車でドライブするなど、充実した日々を送っています。

技術者たちを
もっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
小川 公人 Kimito Ogawa 昭和53年入社 56歳 職種:機械

一人では完結しない
チーム一丸で臨む仕事。

プラント建設の業務に就き、40年になります。新しい発電設備を一からつくり上げる仕事だけに、出張がほとんどで、長いときは工期が1年以上に及ぶこともあります。わたしたちの仕事は毎回同じメンバーで携わるわけではないですし、据え付ける設備も大型のものが多いため、チームワークが重要です。そんな現場だからこそ、明るく、自分の意見や考え方を表に出せる人が現場では重宝されます。自分の失敗を素直に認めて、次に活かすことはもちろん、簡単に諦めずに挑戦し続ける気持ちを持っている点も重要。そういう人はどんな現場でも対応できるし、成長も早いですね。

考え、理解し、工夫すること。
それがやりがいに繋がる。

どの現場もそうですが、納期に追われる仕事なので、一人ひとりが責任感を持って作業に取り組まなければなりません。監督者の立場でよく若いスタッフに伝えるのが、「作業の目的を理解しているか」「仕事を早く終わらせるための工夫をしているか」「わからないときに先輩にアドバイスを求めているか」といった点。図面通りにただやればいいというわけではありません。深い理解と独自の工夫でより良い結果を生み、結果として、それをお客さまに喜んでいただければ最高!それがこの現場の楽しさであり、やりがいに繋がります。

誇りを胸に日々励む
電気の礎をつくり上げる仕事。

電気を生み出す機械を何もないところからつくり上げるということこそ、プラント建設現場のいちばんの魅力。以前、風力発電の建設に携わったことがあるのですが、完成した風力発電機を子どもに見せたところ、「お父さん、すごいものをつくってるんだね!」と言われたことがあるんです。現場の仕事を安全に、完璧にこなすことだけを追い求める日々ですが、やはり身近な人に感動されたのはこの上なくうれしかった。「暮らしのなかで、日常的に使っている電気をつくっているんだ」という誇りを持てる仕事です。その喜びを、若い人にも味わってもらえたら嬉しいですね。

Message

これから入社する人へ

どんな仕事も大変で、楽しいことばかりではありません。そこで働く日々が辛いだけになるのか、楽しく、充実していると思えるかは自分の気持ち次第です。西プラはみんなで仕事をする楽しさを実感できる会社。ぜひ私たちと一緒に、より良い会社づくりをしていきましょう!

技術者たちを
もっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
池邉 翔太 Syouta Ikebe 平成25年入社 22歳 職種:電気

プレッシャーをバネに、
日々の刺激を楽しさに。

僕は入社後、北九州市の発電所に配属されましたが、飯塚市に4ヶ月間、五島列島に3ヶ月間出張がありました。長期出張が大変だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の場合は新たな現場に行くと、知らなかったことを学べるのが新鮮で楽しかった。元々、単調な日々が嫌いな性分なので、新たな刺激があるのも僕には向いていたようです。ただ、現場ではクオリティはもちろん、スピードも重視されるだけに、常に「先輩たちの足手まといにならないように」というプレッシャーも感じています。それを大変だと思うのか、モチベーションにつなげられるかは、この仕事をする上ではとても重要なことです。

自分の教科書を
作ることが
どんな現場でも活躍するコツ。

現場の主な仕事は発電所全体の監視装置の点検や配線工事です。入社1~2年目はとりあえずマニュアル通りのやり方だけを覚えて、業務をこなすだけでしたが、最近は各機器の原理まで理解して仕事をするよう心がけています。僕の場合、原理を学ぶために現場でメモをとるのはもちろんですが、その業務の内容、理由、日時を改めてノートにまとめるのがポイント。似たような作業をするときにノートを見直せば、その時の記憶が鮮明によみがえり、意味を理解した上で作業できるんです。自分の知識を元に作業を無事完了できたときは、本当にやりがいと楽しさを感じますね。

自ら望んだことだから
知識や技術も
自然と身につく。

以前、本店に異動して技能五輪の選手として勉強させていただきました。スキルアップのために自ら志望したのですが、自分がやりたいことをやらせてくれて、個人の意思を尊重してくれる会社に大変感謝しています。技能五輪の訓練を日々続けた時、現場とは違う技術が身につけられたんです。「なぜこの機器が回路に組み込まれているのか」といった理解もできるようになり、図面を見れば、ある程度の回路を組めるくらいまで成長できたと思っています。今なら一人でも、お客さまの要望に応えられるという自信も生まれてきましたね。

Message

これから入社する人へ

西プラは、やりたいことにチャレンジさせてくれる会社です。いろいろなことに挑戦したい気持ちがあるなら、本当にピッタリな会社だと思いますよ。また、職種によって違いますが、僕が従事している電気制御は、一人ひとりの技術がものをいう現場です。その分、ひとつの仕事を終えたときの達成感はすごくありますね。

技術者たちを
もっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 執行 博登 Hiroto Shigyo 職種:溶接
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
執行 博登 Hiroto Shigyo 平成27年入社 19歳 職種:溶接

出張は新発見のチャンス!
与えられた環境を楽しむ。

入社して間もないですが、一年の大半は出張で福岡県外を飛び回っています。もちろん、きつくて大変なことでもあるのですが、僕は今まで行ったことがない街を知ることができて楽しいと感じています。釣りが趣味なので、出張の際は釣り道具を持って行き、その土地の釣り場に出かけるのも楽しみ。もちろん仕事も一生懸命やっていますよ(笑)。ただ、出張先でもプライベートを充実させることは、仕事へしっかり取り組むモチベーションにもつながるんじゃないでしょうか。

目標をひとつずつ
クリアし、
日々向上していく。

現場の仕事は正直きついです。作業場がすごく暑かったり、狭いところで溶接をしないといけないときもある。だけど、一日の仕事を終えたときの、達成感は格別です。溶接後、必ずX線によるチェックがあるのですが、最近はチェックを1回目でパスする回数も増えてきました。自分の技術が向上していることにやりがいを感じますし、なにより嬉しいですね。できなかった部分があれば、先輩に教えてもらって、次こそは一発OKを目指す。そんなふうに日々の現場での業務がモチベーションにつながっています。

一人前と
認められるためには、
資格もひとつの武器。

取り組む業務内容が、現場ごとに異なるのもこの仕事の楽しさのひとつだと思います。毎回まったく違うシチュエーションで溶接を行うのですが、先輩たちはどんな場面でも完璧に対応できるんです。僕の場合、技術はまだまだですし、応用力も低い。ただ、一日も早く、現場を一人で任せられるような溶接士になりたいと思っています。そのためにもしっかり溶接の実績と経験を積んで、資格を取得することが今の目標。先輩たちのように仲間から信頼される溶接士になりたいですね。

Message

これから入社する人へ

仕事ばかりだと疲れが溜まる一方なので、気分転換できる趣味も大切ですよ。仕事には一生懸命取り組み、遊べるときはとことん趣味を楽しむのが、僕のリフレッシュ方法。メリハリがつくことで、仕事への意気込み、モチベーションも上がるはずです。

技術者たちを
もっとみる。

  • 技術者たちを
    もっとみる。

    技術者たちをもっとみる
  • 下原 雅貴 Masataka Shimohara 職種:機械
  • 渡口 昂未 Akihiro Watariguchi 職種:機械
  • 小川 公人 Kimito Ogawa 職種:機械
  • 辻丸 佑哉 Yuuya Tsujimaru 職種:電気
  • 池邉 翔太 Syouta Ikebe 職種:電気
  • 武末 幸二 Kouji Takematsu 職種:電気
  • 古賀 健太郎 Kentaro Koga 職種:溶接
pageup 会社概要 採用情報
コーポレートサイト