Top Message

代表あいさつ

脱炭素社会の実現に向けて
これまで培った技術を生かし、
お客さまの信頼と社会のニーズに
応えてまいります

 西日本プラント工業は、1954年5月の創業以来、九州地区をはじめ全国の火力発電設備や原子力発電設備の建設やメンテナンスを中心とした総合プラント事業に携わり、「電力の安定供給に貢献する」という使命を果たしてまいりました。

 これからの未来は社会全体が脱炭素社会へとむかっていく中で、技術の革新とともに、電源の分散化、エネルギーの地産地消などが進むと考えられます。

更には少子高齢化や、デジタル化時代に対応した持続可能な社会の実現など、我々もこれまでと同じような事業にこれまで通りに依存し続けるわけにはいきません。

 この社会の転換期をチャンスととらえ、これまで長きにわたり電力事業分野で培ってきた技術力を強みに、新しい事業分野への展開を進めていく所存です。

そして、事業活動を通じたSDGsの実現にも貢献してまいります。

 決して従来に拘ることなく、新しい技術、志向にチャレンジし取り組んでいく。

全ての変化をポジティブに捉え、これからも、ずっと先のエネルギー事業を支え、お客さまと社会から信頼される企業を目指してまいります。



企業情報

最新記事