Sustainability

サステナビリティの取組み

経営理念である「社会奉仕」 「人間尊重」を軸に、積極的な活動を展開しています。

西日本プラント工業は、「社会奉仕」 「人間尊重」 の経営理念のもと、九電グループサステナビリティ基本方針、九電グループCSR憲章に則り、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえた活動に積極的に取組んでいます。

九電グループサステナビリティ基本方針

    ●九州から未来を創る企業グループとして、事業を通じて「社会価値」と「経済価値」の双方を創出し、サステナブルな社会への貢献と九電グループの企業価値の向上を実現していきます。

    ●エネルギーを通じて人々の暮らし・経済を支えるという不変の使命のもと、事業を通じて地域とともに社会の課題解決に取組みます。

    ●ステークホルダーとの責任ある対話を通じ、強固な信頼関係を築きます。

    ●グローバルな社会的課題の解決に挑戦し、SDGs達成に貢献します。


九電グループCSR憲章

お客さま満足の創造 企業活動の変革を図りながら、お客さまのニーズや課題にお応えする価値ある商品・サービスを、安全かつ確実に提供し、お客さまの満足を創造します。
安全・安心の追求 設備の安全対策を徹底し、地域の皆さまへ丁寧な説明を行うとともに、作業従事者の労働安全衛生を確保し、安全・安心を最優先した事業活動を行います。
環境にやさしい企業活動 地球環境の保全や地域環境との共生に向けた取組みを展開し、持続可能な社会の実現に貢献します。
誠実で公正な事業運営 全ての事業活動において透明性を確保し、公正かつ自由な競争、適正な取引や責任ある調達を行うとともに、政治、行政との健全で正常な関係を保ち、誠実で公正な事業運営を行います。
社会との真摯なコミュニケーション 情報を迅速に公開するとともに、お客さまや地域の皆さまとの対話を重視したコミュニケーション活動を幅広く行い、その声を真摯に受け止め、事業活動に活かします。
地域・社会との共生 事業活動や社会貢献活動を通して、地域・社会の課題解決に貢献し、ともに発展します。
人権尊重・働きがいのある職場づくり 事業活動の関わる全ての人々の人権を尊重します。また、従業員に対して、公正な評価のもと人材育成・活用を積極的に行うとともに、多様性を尊重した働き方を実現し、各人が健康で最大限の能力を発揮できる職場環境を整備します。
危機管理の徹底 市民生活や企業活動の脅威となる自然災害テロ、サイバー攻撃など様々な危機に備え、組織的な危機管理を徹底します。また、反社会的な勢力とは断固として対決します。
法令遵守 法令やルールを順守するとともに、社会に損失を与える行為や迷惑をかける行為は行いません。
本憲章の精神の実現と経営トップの責務 経営トップは、本憲章の精神の実現を自らの役割として認識して経営にあたり、率先垂範のうえ、社内徹底を図り、実効ある体制を整備します。また、サプライチェーンの皆さまにも、本憲章の実現を促します。
本憲章に反するような事態が発生した場合は、全部署が一致協力して問題解決にあたり、原因究明のうえ、早急な是正措置を講じ、再発防止を図るとともに、経営トップを含めて厳正な処分を行います。

お客様満足度の向上

お客さまの多様なニーズに対し、「誠実な施工」でお応えするとともに、発電設備の建設やメンテナンスで培った高度な技術・サービスを提供します。

安全の確保・適切な品質の提供

当社では安全衛生活動計画に基づき、作業者の労働安全衛生を確保しています。

計画書

ポスター

KYMの様子

KYMの様子(指差し呼称の徹底)

安全パトロールの様子

安全パトロールでは鐘を鳴らすことも


品質管理活動計画に基づき、誠実な施工を実践することで適切な品質を提供します。

計画書

品管パトロール

品質マネジメントシステム

▲審査登録証
画像をクリックでPDFが開きます

環境に優しい企業活動

環境活動推進体制のもと、持続可能な社会の実現に貢献します。

社有車のEV化推進

オール電化設備の導入


環境活動への取組み

誠実で公正な事業運営

  • 全ての事業活動において透明性を確保し、公正かつ自由な競争、適正な取引や責任ある 調達を行います。
  • 政治や行政との健全で正常な関係を保ちます。

顧客、社員との真摯なコミュニケーション

  • 情報を迅速に公開するとともに、お客さまや取引先との意見交換を行うことで  相互理解に努めます。
  • 経営層と社員が直接コミュニケーションを図り、経営の透明性を確保します。

社内報「NPC NeWS」

地域・社会との共生

社会貢献活動や地域のイベントなどへの参加を通して、地域の発展に貢献します。

献血活動

福岡市の緑化推進活動に参画

地域清掃

人間尊重・働きがいのある職場づくり

  • 公正な評価のもと、人材育成・活用を積極的に行います。
  • 各人が健康で最大限の能力を発揮できる職場環境を整備します。
  • 多様性を尊重した働き方を実現します。
  • 事業活動に関わる全ての人々の人権を尊重します。

ブラザー制度

当社では、入社後の1年間、同世代の先輩社員にマンツーマンで指導を受けながら業務にあたる「ブラザー制度」を導入しています。40年近い歴史があり、新入社員を仕事と生活の両面から支えています。

マンツーマンで指導を行います

現場での指導もブラザーから


マイスター制度

当社にとって必要不可欠な卓越した技術・技能のある社員は「マイスター」として認定され、社内研修の講師や様々な技術支援を担っています。

現在約30名の技術社員が「マイスター」として認定されています。

マイスターとして厳しい指導も

専門的視点で技術力向上を目指す


全社技能競技会

責任ある工事会社として「成長と発展」を成し遂げていくためには、将来を担う若年層社員の「技術・技能の継承」と、「更なるレベルアップ」が必要です。

当社では、全社技能競技会を毎年実施し、若年層社員に日頃の努力の成果を競わせています。

全社技能競技会の会場

電線管計装配管布設競技

配管競技

ポンプ分解点検競技

危機管理の徹底

  • 企業活動の脅威となる自然テロや、サイバー攻撃など様々な危機に備え、組織的な 危機管理を徹底します。
  • 反社会的な勢力とは断固として対決します。

コンプライアンス・内部統制の取組み推進

  • コンプライアンス推進体制のもと、法令やルールを順守するとともに、社会損失を与える行為や迷惑をかける行為は行いません。
  • コーポレートガバナンスの実効性を確保するため内部統制基本方針に基づく取組みを確実に実行します。

コンプライアンス委員会