Engineering

エンジニアリング

脱炭素分野・医療分野・防災分野等など広域にサポート

小規模発電設備の基本設計・調達・試運転まで一貫したEPC業務や、陸上風力設備・水素設備・陸上養殖設備などの計画・検討を行っていきます。
発電設備や各種プラント設備の建設工事とメンテナンスで培ってきた技術力を活かし、脱炭素分野・医療分野・防災分野等など広域なフィールドでお客様のニーズにこたえます。


納入までの流れ一例


1基本計画

  • 計画立案
  • 概要図

実現可能性調査(フィージビリティスタディ)等の結果に基づき、関係法令の調査や配置計画等基本計画書の策定を行います。

2基本設計

  • 仕様決定
  • 計画図作成

プロセス設計、レイアウト設計等を実施し、全体工程や概算の建設費用を算出します。

3詳細設計

  • 製作図作成
  • 工事図作成

基本設計に基づき、機器、配管、電気、制御、土木、建築等の各分野について建設工事が可能となる設計図を作成します。

4調達

  • 機器選定、発注
  • 工場検査

 技術・納期・品質及びコストの観点から最適な機器を選定もしくは製作し、契約・発注を行います。 現地納入前には工場において立会検査を実施し、合格した製品を現地へ出荷します。

工場立会検査

5建設工事

  • 据付工事
  • 電気工事 ほか

工事工程・設計図書に沿って建設チームが安全に据付工事、電気工事を行っていきます。

6試験調整

  • 試験運転
  • 運転指導 ほか

建設工事完了後、試運転計画に沿って各種試験を実施、運転指導を行い、設備納入となります。


設備納入





事業・技術

最新記事